IoT関連銘柄総合スレッドその1(●´∀`●)v

1 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 01:57:22.24 ID:mfkLmg3Fk
3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。

第55期第二四半期報告書2ページ目(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待

IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/9時点)約16億4840万円、実績PERは3.71倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約16億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。
平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。
革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

2 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 01:57:58.75 ID:mfkLmg3Fk

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/9時点)約16億4840万円、実績PERは3.71倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.71倍は割安にもほどがあるだろう!

現時点の時価総額は約16億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.71倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.71倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
今週のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は
約49億円で実績PERは11.1倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

3 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 10:58:40.73 ID:mfkLmg3Fk

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。

第55期第二四半期報告書2ページ目(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待

IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/9時点)約16億4840万円、実績PERは3.71倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約16億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。
平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。
革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

4 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 12:26:32.71 ID:TsLkLp1E/

三三七四の四季報最新号
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

小型麻酔機を開発、承認審査中
小型麻酔機を開発、承認審査中

5 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 13:17:03.36 ID:mfkLmg3Fk

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下

中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイド・イン・チャイナ2025』)計画を発表した。

「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、
医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160612/frn1606120830003-n1.htm

半導体技術商社でIoT関連、医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台の
三三七四NAGAITECに追い風が来ました!

キタ━━ヾ(≧∀≦)ノ━━!!

6 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 15:21:40.51 ID:lkf5xwfTT

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.48倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

現時点の時価総額は約15億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.48倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.48倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
今週のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は
約46億円で実績PERは10.44倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下

中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。

「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、
医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160612/frn1606120830003-n1.htm

半導体技術商社でIoT関連、医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台の
三三七四NAGAITECに追い風が来た!

7 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 17:27:27.22 ID:mfdCy6dUD

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、
「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、
承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待

IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などの
ハイテクIoT社会が予測。 ここはキーエンスのような技術商社。
なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約15億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。
医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。
革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

8 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 18:11:20.04 ID:mfkLmg3Fk

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.48倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

現時点の時価総額は約15億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.48倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.48倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は
約46億円で実績PERは10.44倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下

中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。

「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、
医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160612/frn1606120830003-n1.htm

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

9 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 18:25:38.76 ID:mfkLmg3Fk

テンバガー候補キタ━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━ッ!!

10 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 20:01:08.00 ID:TsLkLp1E/

3 3 7 4 内 外 テ ッ ク
テ ン バ ガ ー 最有力候補!
信じない者は地 獄 堕 ち

11 :山師さん@トレード中:2016/06/13(月) 22:11:33.18 ID:TsLkLp1E/

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、
「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、
承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待

IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などの
ハイテクIoT社会が予測。 ここはキーエンスのような技術商社。
なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約15億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。
医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。
革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

12 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 00:31:28.65 ID:vWRCAamu9

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.48倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

現時点の時価総額は約15億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.48倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.48倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約46億円で実績PERは10.44倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

13 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 12:07:40.20 ID:eXPZTdHEB

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、
「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、
承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待

IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などの
ハイテクIoT社会が予測。 ここはキーエンスのような技術商社。
なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約15億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。
医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。
革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

14 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 15:12:27.24 ID:RdECCkrCI

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.48倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

現時点の時価総額は約15億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.48倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.48倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約46億円で実績PERは10.44倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

15 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 15:28:34.09 ID:eXPZTdHEB

【内外テック】電子デバイス製造装置【平田機工】

16 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 19:48:35.77 ID:vWRCAamu9

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約15億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

17 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 19:50:55.79 ID:vWRCAamu9

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/14時点)約14億、実績PERは3.4倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.4倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/14時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.4倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.4倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約45億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

18 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 21:07:40.26 ID:RdECCkrCI

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約15億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

19 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 21:13:07.17 ID:vWRCAamu9

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/14時点)約14億、実績PERは3.4倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.4倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/14時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.4倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.4倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約45億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

20 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 21:13:46.02 ID:vWRCAamu9

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/13時点)約15億4696万円、実績PERは3.48倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約15億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

21 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 22:15:18.91 ID:RdECCkrCI

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/14時点)約14億、実績PERは3.4倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.4倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/14時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.4倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.4倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約45億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

22 :山師さん@トレード中:2016/06/14(火) 23:35:35.87 ID:RdECCkrCI

内外テックは(・∀・)イイネ!!

23 :3374内外テック仕手株?:2016/06/14(火) 23:57:57.34 ID:eXPZTdHEB

★【大暴走中国】「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
2016.06.12

中国は、ゾンビ企業だらけの“ゾンビ国家”だ。なぜ、ゾンビになるのか、理由は簡単だ。
企業内に先端技術の蓄積が乏しく、技術者の層が薄く、イノベーション能力に劣る。
それと、ゾンビ企業の多くが国有企業で、公的資金を投下して「共産党が飼っている」からだ。

中国政府は昨年5月、「中国製造2025」(『メイド・イン・チャイナ2025』)計画を発表した。

端的には、「世界の工場」から脱皮し、今後10年間で「世界のブランド」となり製造業をリードしていく目標を掲げた。
ロボットと高度なデジタル制御の工作機械、航空・宇宙設備など10の重点分野が盛り込まれている。

そして、「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。
鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

ところが、中国の半導体の自給率は十数%、つまり完璧なメイド・イン・チャイナを目指すうえで、同分野がアキレス腱になっていた。

小型・軽量化や、低コスト化でも技術力を発揮した日本は1980年代、世界シェアの過半を獲得する「半導体王国」となった。
90年代以降は、台湾と韓国企業が躍進した。同業界は目下、世界第1位のインテルを擁する米国が支配する。

そのインテルが最大14億5000万ドル(約1551億円)を出資する形で、14年9月に業務提携を決めたのは、
中国の半導体大手「紫光集団」(ユニチンファ)だ。

清華大学が全額出資する清華ホールディングスが1988年に51%を出資して設立したIT系企業が前身だが、
近年は半導体専業にくら替えした。そして“爆買い”の急先鋒となり、世界の半導体業界の再編に向けた「台風の目」に躍り出ている。

清華大学は、胡錦濤前国家主席と習近平国家主席を輩出した名門大学だ。
胡氏の息子で同大学出身の胡海峰氏が2008年に清華ホールディングスの共産党委書記(最高責任者)に
昇格した際、紫光集団が組織改編され、彼の知己で同大学卒の工学博士、趙偉国氏が会長に就いた。
そして、胡海峰氏は13年から正式に政界入りし、地方党学校の校長などを務めている。

半導体産業は、米国において軍需産業を基盤に発展してきており、中国が“爆買い”する最終目的が軍事産業への転用であることは明らかだ。

狙われているのは、日本、韓国、そして同産業の世界的集積地となった台湾だ。
半導体業界を「経済と安全保障が重なり合う分野」と位置付け、政府が関与してきたが、馬英九前総統の
対中融和政策で一定の規制緩和が行われ、紫光集団による台湾企業3社への資本参加などが報じられた。

ただ、5月からは中国と距離を置く民進党の蔡英文政権が船出した。半導体をめぐる“中台冷戦”にも注目だ。 =おわり

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160612/frn1606120830003-n1.htm

24 :3374内外テック仕手株?:2016/06/15(水) 01:50:05.63 ID:6Nowh6CZt

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/14時点)約14億、実績PERは3.4倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

25 :3374内外テック仕手株?:2016/06/15(水) 03:18:11.52 ID:6Nowh6CZt

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/14時点)約14億、実績PERは3.4倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.4倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/14時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.4倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.4倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約45億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

26 :3374内外テック仕手株?:2016/06/15(水) 12:56:29.64 ID:V9Xnr9311

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/14時点)約14億、実績PERは3.4倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

27 :山師さん@トレード中:2016/06/15(水) 15:15:34.32 ID:7RA4/qoYM

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/14時点)約14億、実績PERは3.4倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3.4倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/14時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3.4倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3.4倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約45億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

28 :山師さん@トレード中:2016/06/16(木) 14:38:44.34 ID:80BovlDf7

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは3.3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

29 :山師さん@トレード中:2016/06/16(木) 15:06:24.52 ID:5IcVcOJPf

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/14時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

30 :山師さん@トレード中:2016/06/16(木) 17:19:09.55 ID:G6vGH3F3s

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは3.3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

31 :山師さん@トレード中:2016/06/16(木) 20:07:08.25 ID:zpMrt4+ve

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/14時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも、減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

32 :山師さん@トレード中:2016/06/16(木) 21:42:29.02 ID:zpMrt4+ve

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは3.3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

33 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 00:00:48.91 ID:kqIv+aNq/

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

34 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 00:05:21.81 ID:Haof4ZtKp

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

35 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 02:46:20.16 ID:Haof4ZtKp

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

36 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 10:47:43.77 ID:Haof4ZtKp

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

37 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 14:06:29.04 ID:kqIv+aNq/

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

38 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 15:09:35.70 ID:Haof4ZtKp

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

39 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 19:27:06.01 ID:/g2141bmY

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

40 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 21:09:50.76 ID:kqIv+aNq/

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

41 :山師さん@トレード中:2016/06/17(金) 23:09:35.76 ID:kqIv+aNq/

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

42 :山師さん@トレード中:2016/06/18(土) 00:44:05.71 ID:hH7XdaynK

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

43 :山師さん@トレード中:2016/06/18(土) 16:10:25.77 ID:hH7XdaynK

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

44 :山師さん@トレード中:2016/06/18(土) 18:51:11.97 ID:XkPZlT/t7

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

45 :山師さん@トレード中:2016/06/18(土) 21:31:28.03 ID:ygelJuU6T

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

46 :山師さん@トレード中:2016/06/19(日) 00:20:39.04 ID:q4mz6v+/7

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

47 :山師さん@トレード中:2016/06/19(日) 01:36:53.55 ID:q4mz6v+/7

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

48 :山師さん@トレード中:2016/06/19(日) 10:18:43.50 ID:BAzQ04Jhc

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

49 :山師さん@トレード中:2016/06/19(日) 18:15:51.94 ID:1ECUWx5Vo

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

50 :山師さん@トレード中:2016/06/19(日) 21:00:50.52 ID:1ECUWx5Vo

3374内外テックの今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。
毎年売上と純利益が増加傾向のうえIoT関連、TPP関連、
医療機器関連で実績PER約3倍は割安にもほどがあるだろう!

育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

6/16時点の時価総額は約14億円。テンバガーの90%以上は
上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

材料テーマ株のうえに毎年売上と純利益も
着実に増加傾向で実績PERは約3倍。キーエンスのような技術商社なので
今開発中の麻酔機の医療機器が発売すれば
実績PER約3倍は過小評価にもほどがありますよね。

ここは今まで人気がなく割安に放置された株のお手本のような株だったからね。
6月上旬のS高2連発でどれくらいの注目を集められたのかは気になります。

株価が3倍になったとしても時価総額は約43億円で実績PERは約10倍だもんね。

来季は減益予想でも、センスのある投資家ならば
上方修正への期待が膨らむととらえる。
もっとも減益予想でも予想PERは4倍台w

今後の材料IRが楽しみ。恐らく来年はTPP関連株が人気すると思うので
技術商社の内外テックにもそのビッグウェーブに乗って欲しいですね。

象印も平田機工も人気前までは割安な材料テーマ株なのになぜ?
こんなに株価が安いの?と疑問を持っていたら象印は5倍以上、
平田機工は10倍以上のテンバガーを達成。ファンダメンタル、
とりわけPERが安い材料テーマ株は人気化前に黙って買うのが一番ベストな選択。

「半導体」で軍事強化を狙う中国 20年までに公的資金10兆円を投下
中国政府は昨年5月、「中国製造2025」
(『メイドインチャイナ2025』)計画を発表した。
「20年までに10兆円近くを投下する」と報じられたのが、半導体業界だ。

鉄鋼に代わる現代の“産業の米”と言われる半導体は、
パソコン、自動車、家電、ロボット、医療機器などでも大量に必要とされる。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465787648/

半導体技術商社でIoT関連、TPP関連、医療機器関連で
実績PER約3倍台の三三七四NAGAITECに追い風が来た!

51 :山師さん@トレード中:2016/06/19(日) 22:16:29.86 ID:BRdsqMxdp

3374内外テックは医療機器関連、IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連で実績PER3倍台!

マイクロソフトと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

四季報【育 成】医療機器は小型麻酔機など開発中、育成本腰。
東京エレクトロンの売上依存度約6割を新規顧客開拓等で低下努力。
育成中の医療機器は福島県から補助金受託の小型麻酔機を開発、承認審査中。

第55期第二四半期報告書2ページ目
(社長写真の下4行目のところにIoT関連文章↓有り)

将来的にはIoTの市場の拡大も見込まれておりますことから、
これらに使用される半導体の需要は中長期的に増加するものと思われます。

MSと東京エレクトロン デバイス、「IoTビジネス共創ラボ」を発足

売上約6割は東京エレクトロンに依存の内外テックの売上、利益拡大に期待
IoT関連銘柄として物色

将来は人工知能、車自動運転、ロボット社会などのハイテクIoT社会が予測。
ここはキーエンスのような技術商社。なぜなら医療機器を育成開発中。

IoT関連、TPP関連、半導体製造装置関連、
医療機器関連銘柄で実績PER約3倍台は超割安!

今期純利益は上方修正後4億4400万円、
時価総額(6/16時点)約14億、実績PERは約3倍。

同業種の電子デバイス製造装置関連の
平田機工は去年の年初来最安値からは
約10倍ほど騰がりテンバガー達成、TAKATORIとローツェも
去年の年初来最安値からは約4倍ほど騰がりました。

IoT関連、TPP関連の3374内外テックは隠れた医療機器銘柄
業績も上方修正で低PBRと低PERは超割安!

現時点の時価総額は約14億円。
テンバガーの90%以上は上場来最安値時の時価総額は30億円以下。

タカトリ、平田機工、内外テック、ローツェの共通点は?
【業種】電子デバイス製造装置 (四季報より)。

16年3月期決算は純利益19.3%増の2ケタ増益
内外テックが5月13日大引け後(15:10)に決算を発表。
16年3月期の連結経常利益は前の期比38.1%増の5.8億円に拡大した

開発中の小型麻酔機の医療機器の発売が楽しみ。医療機器製造関連の許可は獲得済。

平成 24年10月 福島事業所に於いて医療機器製造業認可取得(医療機器一般)
平成 27年12月 メディカル事業部にて医療ISO13485認証取得

安倍政権は成長戦略で医療機器を成長産業の一つと位置づけ、
産学官一体で開発や輸出を促す。革新的な医療機器開発、医療産業輸出の支援を推進

コメント